2016.04.21

ホンダ勢トップの佐藤琢磨。インディ第3戦は「望み得る最高の成績」

  • 天野雅彦●文 text by Masahiko Jack Amano  松本浩明●写真 photo by Hiroaki Matsumoto

インディカー・シリーズ第3戦ロングビーチGPで5位となった佐藤琢磨 アメリカの西海岸にあるアメリカ第2の都市ロサンゼルス。そこからさほど離れていない場所にロングビーチはある。

 この海沿いの街は、華々しいストリートレースを開催する街として、アメリカばかりか世界にその名を知らしめている。今から42年前の1975年にフォーミュラ5000というアメリカのトップ・フォーミュラ・カーによるレースを行なった後、1976年からはF1グランプリの舞台として1983年までレースを開催し続けたからだ。

 1984年からはインディカーのレースを行なってきたロングビーチだが、2013年にひとつの歴史が作られた。佐藤琢磨が日本人ドライバーとして初めてインディカー・シリーズのレースで優勝を飾ったのだ。

 元F1ドライバーの琢磨だが、インディカーに来て以来、彼が得意にしているのはストリートとオーバルだ。どちらも壁を恐れず豪快に走らなければならないが、そのためにはマシンを緻密にセッティングする能力が求められる。技術面の理解度の高さと思い切りのいいドライビングは、どちらも琢磨の強みなのだ。