2016.04.07

インディ第2戦はシボレー勢が上位独占。ホンダは巻き返せるのか

  • 天野雅彦●文 text by Masahiko Jack Amano  松本浩明●写真 photo by Hiroaki Matsumoto

 インディカー・シリーズの第2戦はアメリカの南西部、砂漠の中のアリゾナ州フェニックスで行なわれた。今年初となるオーバルレースは、全長1マイルの小さいが伝統あるコースでの11年ぶりの開催。シーズン開幕前にインディカーが2日間の合同テストを行なったフェニックス・インターナショナル・レースウェイが舞台となった。

テストでクラッシュを演じ予選は欠場。レースは15位に終わった佐藤琢磨 予選では、テストでも最速だったエリオ・カストロネベス(チーム・ペンスキー)が1周の平均時速192mph(308km/h)オーバーのコースレコードでポールポジションを獲得。予選2位は2強のもう一方のチーム、チップ・ガナッシ・レーシングのトニー・カナーンとなった。

 開幕戦ウィナーのファン・パブロ・モントーヤ(チーム・ペンスキー)は、予選3位の好位置を確保。ガナッシ勢では若手のチャーリー・キンボールが予選4位と健闘したが、チームのエースであるスコット・ディクソンは、マシン・セッティングが微妙に外れて予選は6位に甘んじた。グリッド3列目は決して悪くはないが、チームメイト2人より後方なのだから、チャンピオンとしては納得がいかないだろう。

 予選ではこれらのトップ4......どころかトップ10をシボレー勢エンジンが占めた。開幕前のテストでもシボレーの優位は見られていたが、それでもトップ4独占までだった。テストで5番手、今回の予選では11位と、ともにホンダ勢エンジン最上位となったマルコ・アンドレッティ(アンドレッティ・オートスポート)も、「いい走りができたのに結果は11位。マシンの力を引き出せた時にはポールポジションが争えるべきなのに......」と、ライバルとの差に驚いていた。