2012.12.29

【MotoGP】来季はさらに熾烈?
接戦の連続だった2012年の「ホンダ対ヤマハ」

  • 西村章●取材・文 text by Nishimura Akira
  • 竹内秀信●撮影 photo by Takeuchi Hidenobu

タイトルを争ったホルヘ・ロレンソ(写真右)とダニ・ペドロサ 2012年のMotoGPは、マシン排気量が800ccから1000ccへ改められた初年度だったが、ライダーズタイトルは、ホルヘ・ロレンソ(ヤマハ)が獲得。一方で、コンストラクターズタイトルはホンダ、チームタイトルはレプソル・ホンダ・チームが獲得するという結果に終わった。

 今季限りで引退したケーシー・ストーナーが2011年のタイトルを獲得した際には、ホンダがライダー・コンストラクター・チームの三冠を達成。一方、ロレンソが初めてチャンピオンを獲得した2010年は、ヤマハが三冠を達成している。これらの年と比較すると、2012年はホンダとヤマハが部門ごとにタイトルを分けていることからも、両者の実力が拮抗していたことがよくわかる。

 ヤマハ陣営の一年を振り返ると、ロレンソは全18戦中6勝、2位が10回という成績で、チャンピオンを獲るのも当然の、抜群の安定度と好成績だ。

 サテライトチームのモンスター・ヤマハTech3に所属する、アンドレア・ドヴィツィオーゾとカル・クラッチローも活躍した。ドヴィツィオーゾは6戦で3位表彰台を獲得してランキング4位。MotoGP2年目のクラッチローはランキングこそ7位で表彰台も2回のみだが、予選ではたびたびポールポジションを争い、7戦でフロントローからスタートしている。

 彼らの好調な走りからもわかるように、今年のヤマハは、ファクトリーとサテライト双方とも非常に高いパフォーマンスを発揮した。一般的にヤマハのマシンはハンドリングに優れる反面、馬力で他陣営に劣ると言われ、選手たちもトップスピードでの不利をたびたび指摘してきた。

「ライダーは貪欲だから、いつももっと速いバイクを要求する。でも、ツジ(辻幸一/MS開発部モトGPグループリーダー)はかならず『もうちょっと待って』と言うんだ」