安田記念で注目の血統はディープインパクト系 期待大はキズナ産駒とロードカナロア産駒

  • 平出貴昭●文 text by Hiraide Takaaki

【ロベルトの血も大きなポイント】

 6月2日(日)、東京競馬場で3歳以上馬によるGⅠ安田記念(芝1600m)が行なわれる。

 昨年の勝ち馬ソングラインは引退したが、同2着馬で2022年のGⅠマイルチャンピオンシップ(阪神・芝1600m)を勝ったセリフォス、2022年のGⅠ皐月賞(中山・芝2000m)馬ジオグリフ、同年のGⅠNHKマイルC(東京・芝1600m)を勝ったダノンスコーピオン、昨年のマイルチャンピオンシップを勝ったナミュールが出走予定。さらに香港からは、GⅠ7勝の強豪ロマンチックウォリアー、今年のGⅠ香港スチュワーズカップ(シャティン・芝1600m)のヴォイッジバブルと、計6頭のGⅠ馬が名を連ねている。

 このレースを血統的視点から占っていこう。近年の安田記念の血統的傾向で目立つのが、ディープインパクト系の好成績だ。2020年はグランアレグリア、2021年はダノンキングリーとディープインパクトの直仔が勝利し、2022、23年はキズナ産駒の直系の孫ソングラインが連覇。過去を遡ると、2011年リアルインパクト、2017年サトノアラジン(いずれも父ディープインパクト)も安田記念を制している。

 今回も多数のディープインパクト系が出走を予定しているが、筆者が本命に推すのがパラレルヴィジョン(牡5歳、美浦・国枝栄厩舎)だ。

前走のダービー卿チャレンジトロフィーを勝利したパラレルヴィジョン photo by Sankei Visual前走のダービー卿チャレンジトロフィーを勝利したパラレルヴィジョン photo by Sankei Visualこの記事に関連する写真を見る

 同馬は、ソングラインと同じキズナ産駒。祖母の父シルヴァーホークはグラスワンダーの父、モーリスの父系曽祖父としても知られる血で、その父はロベルトだ。ソングラインの母の父シンボリクリスエスはロベルトの直系の孫であり、同馬とは似た血統構成となっている。

 今年のJRAのGⅠはこのロベルトの血が大きな存在感を発揮している。ステレンボッシュが桜花賞(阪神・芝1600m)、テンハッピーローズがヴィクトリアマイル(東京・芝1600m)、ダノンデサイルが日本ダービー(東京・芝2400m)と、いずれも直系のエピファネイア産駒が勝利。そのほか、天皇賞・春(京都・芝3200m)を勝ったテーオーロイヤルが母系に、NHKマイルCを勝ったジャンタルマンタルが父系にその血を持っている。このうち、テンハッピーローズとダノンデサイルがこの血をクロスしている。

1 / 3

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る