2022.06.18

マーメイドSは高配当確率80%。穴党記者は過去例を重視、軽ハンデの条件馬に狙い

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • photo by Sankei Visual

 古馬牝馬による初夏の名物重賞、GIIIマーメイドS(阪神・芝2000m)が6月19日に行なわれる。

 牝馬限定戦、そしてハンデ戦ということから"荒れる"イメージが強いが、まさしくそのとおりの一戦だ。過去10年の結果を振り返ってみても、1番人気は2勝、2着1回、3着1回と今ひとつ。最近は6年連続で馬券圏外に沈んでいる。

 一方で、6番人気以下の伏兵が7度も勝利を飾っており、過去10年の3連単の配当はすべて万馬券。しかもそのうち8回は、10万円超えの高配当となっている。こうした波乱続出の要因について、中日スポーツの大野英樹記者はこう語る。

「2006年からハンデ戦となり、軽ハンデの馬が何度となく波乱を起こしています。とりわけ、直近4年はそれが顕著で、2018年のアンドリエッテ(10番人気/斤量51kg)、2019年のサラス(7番人気/斤量51kg)、2020年のサマーセント(7番人気/斤量50kg)、2021年のシャムロックヒル(10番人気/斤量50kg)と、ハンデ50kg~51kgの人気薄馬が立て続けに勝利。高配当を生み出しています。

 また、これらを含めて勝ち馬の多くが条件クラスの身。つまり、格上挑戦で勝っていることが、波乱傾向に一段と拍車をかけています。

 翻(ひるがえ)って、重賞戦線で戦ってきたハンデ頭は過去10年でわずか1勝。1番人気も2勝と、実績馬が苦戦している歴史から、難解なバトルとなっています。それもまた、波乱の一因となっているかもしれません」

 そして今年も、これといって突出した存在はいない。例年どおり、ひと筋縄ではいかない一戦と言える。「ならば、今年も軽ハンデ馬を狙うのが定石でしょう」と大野記者。格上挑戦で、ハンデ51kgで出走するステイブルアスク(牝4歳)を穴馬候補に挙げる。

マーメイドSでの大駆けが期待されるステイブルアスクマーメイドSでの大駆けが期待されるステイブルアスク この記事に関連する写真を見る