2022.05.29

堤礼実アナが一年で最もワクワクする一戦、日本ダービーへと馳せる思いとは?

  • スエイシナオヨシ●撮影 photo by Sueishi Naoyoshi

堤 礼実連載:『華麗なるウマ話』第36回

スポルティーバとフジテレビの競馬中継番組『みんなのKEIBA』とのコラボ企画、堤礼実アナウンサーの連載『華麗なるウマ話』。今回は、タイトルホルダーが鮮やかな逃げきり勝ちを決めた天皇賞・春について振り返ってもらいつつ、競馬界最高峰のレースとなる日本ダービーへの思いなどをうががった――。

 3分16秒2の逃走劇――。今思い出しても、ゾクゾクするような興奮がよみがえってきます。

 今年の天皇賞・春は、2番人気のタイトルホルダーが圧巻の走りで、昨年の菊花賞に続いてGI2勝目を挙げました。

 私自身、レース前からタイトルホルダーの逃げに注目していたとはいえ、正直3200mを逃げきるのは難しいのかな、と思っていたのも事実です。ですから、タイトルホルダーとともに「2強」と目されていた1番人気のディープボンドに7馬身もの差をつけての完勝劇には、ただただ見惚れるしかありませんでした。

 どちらかと言うと、個人的には豪快な末脚で差しきる馬のほうが好きですが、レースの最初から最後まで先頭で、しかも3200mという距離を逃げきってしまうというのも、見ている人たちの視線を一身に集め続けるわけですから、タイトルホルダーには特別な華やかさを感じました。

 加えて、鞍上の横山和生騎手が見事にGI初勝利を飾ったことも、うれしいニュースでした。本当におめでとうございます、という気持ちでいっぱいです。

 勝利ジョッキーインタビューでも、率直な喜びの声を聞かせてくれました。話し方や感情の表し方は、弟の武史騎手とはまた違った雰囲気でしたが、こちらもまた、見ている人たちに「これからも応援したい!」と思わせる、初々しいインタビューだったのではないでしょうか。