2022.05.29

「この馬はいいね」と木村調教師。2歳戦初日に登場する注目馬ノッキングポイントの勝算は?

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara
  • photo by Kyodo News

厳選!2歳馬情報局(2022年版)
第1回:ノッキングポイント

 GI日本ダービーが終わると、次週からは2歳戦がスタート。2023年のクラシックを目指した戦いが早くも幕を開ける。

 その2歳戦の"初日"となる6月4日、早速注目の良血馬が登場する。美浦トレセンの木村哲也厩舎に所属するノッキングポイント(牡2歳/父モーリス)である。

ノッキングポイントの母は、2016年オークスの2着馬チェッキーノノッキングポイントの母は、2016年オークスの2着馬チェッキーノ この記事に関連する写真を見る  同馬の母は、2016年の3歳牝馬戦線で活躍したチェッキーノ。彼女は2戦目で未勝利を勝つと、3戦目にはオープン特別のアネモネS(中山・芝1600m)を快勝した。

 その後、クラシック初戦のGI桜花賞(阪神・芝1600m)は体調面などを考慮してパスするも、オークストライアルのGIIフローラS(東京・芝2000m)を難なく勝利。後続に3馬身をつける圧勝劇を演じて、牝馬クラシック2戦目のGIオークス(東京・芝2400m)へと駒を進めた。

 迎えたオークスでは、1番人気シンハライトとゴール前まで激戦を繰り広げた。最後はクビ差及ばなかったものの、2着と奮闘。世代トップレベルの力を示した。

 そこから、さらなる活躍が期待されたが、浅屈腱炎を発症。長期休養を余儀なくされた。5歳となって復帰を果たすも、屈腱炎が再発して繁殖入り。初めて生んだ仔がノッキングポイントである。

 同馬を管理する木村調教師は、すでにその素質を高く評価しているという。関東競馬専門誌のトラックマンが伝える。