オークスでサークルオブライフの巻き返しはあるか。「ホーム」でのレースにアドバンテージは大きい

  • 新山藍朗●文 text by Niiyama Airo
  • photo by Sankei Visual

 さらに、前出のトラックマンが言う。

「関東馬のこの馬にとって、過去3戦はいずれも"アウェー"の競馬。今度は待望の"ホーム"です。このアドバンテージは大きい」

 そして何より大きいのは、この馬を支える人間たちの"力"だ。

 主戦のデムーロ騎手は、過去3年で2度オークスを制している、いわば「新・オークス男」。国枝調教師にしても、アパパネ、アーモンドアイと2頭の三冠牝馬を育てあげ、他にも重賞級の牝馬を数多く送り出して「牝馬の国枝」と称されるほどの手腕の持ち主だ。この熟練の人間たちが、大舞台での"最後のひと押し"を可能にする。

 再び激戦が予想されるオークスだが、広々とした東京の最後の直線で、大外から豪快に伸びてくるサークルオブライフの姿が目に浮かぶ。

3 / 3

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る