2022.04.30

横山ルリカが天皇賞・春の「2強」をガチ分析。かたや「不安要素なし」、かたや「印を落とす」

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • 田中 亘●撮影 photo by Tanaka Wataru

アイドルグループ「アイドリング!!!」の元メンバーで、競馬番組などで活躍する横山ルリカさんに、歴史と伝統を誇る古馬長距離レースの最高峰、GI天皇賞・春(5月1日/阪神競馬場・芝3200m)について展望を聞いた。

競馬番組などで活躍する横山ルリカさん競馬番組などで活躍する横山ルリカさん この記事に関連する写真を見る

「2強」のうち軸はどっち?

 今回は、ディープボンド(牡5歳)とタイトルホルダー(牡4歳)の2強ムードとなっています。

 ところが、今年のGIはフェブラリーSから1番人気が勝っていない。それどころか、馬券圏内すらなく、皐月賞でようやくドウデュース(牡3歳)が3着にきました。

 この流れでいくと、人気馬を1着固定にするのは怖いのかなとも思いました。でも、馬券の軸という意味ではディープボンドでいこうと考えています。前年レースの上位5頭のうち、2着のディープボンド以外は不在。また、今年も京都開催ではなく力の必要な阪神コースで、さらに雨予報もディープボンドにはプラスになると見ています。

 何より、昨秋のフランス遠征から帰ってきたあと、スタミナだけでなく弱点だったキレ負けする部分もなくなってきてレベルが上がったと、関係者の方もおっしゃっています。競馬ぶりを見ていても、前走のGⅡ阪神大賞典は昨年より今年のほうが見た目には派手でないものの、この馬に不向きな、スローの瞬発力が問われる競馬を勝ちきったというのは、総合力が上がった証ではないでしょうか。

 前走はトライアル仕上げだったなかで昨年と違う勝ち方ができましたし、58kgの斤量に慣れていない馬が多いなか、この馬は58kgで【1-1-0-0】の成績と不安要素が見当たらないですね。

 データ的には2015年以降の阪神大賞典の勝ち馬の成績は【2-1-2-1】で、馬券に絡まなかった1回も4着でしたので、このデータもあと押しします。ここで待望の初GI制覇を期待したいですね。むしろ、まだGIを勝っていないのが意外に感じるほどです。