2022.04.06

桜花賞の行方を占う「3歳牝馬ランキング」。上位5頭の実力を分析

  • text by Sportiva
  • photo by Sankei Visual

 いよいよ牝馬クラシックが開幕する。

 同舞台でしのぎを削る今年の3歳牝馬世代は当初、2歳時の牡馬混合重賞で奮闘したソネットフレーズ(牝3歳)やステルナティーア(牝3歳)、さらにデビュー3連勝でGIIIファンタジーS(11月6日/阪神・芝1400m)を制したウォーターナビレラ(牝3歳)、GIIIアルテミスS(10月30日/東京・芝1600m)を勝ったサークルオブライフ(牝3歳)、1勝クラスの赤松賞(11月21日/東京・芝1600m)を快勝したナミュールなど、有力馬がズラリとそろって激戦模様にあった。

 しかしその後、昨年末のGI阪神ジュベナイルフィリーズ(12月12日/阪神・芝1600m)でサークルオブライフが勝利し、最重要トライアルと言えるGIIチューリップ賞(3月5日/阪神・芝1600m)をナミュールが完勝。クラシックの"主役"候補がだいぶ絞られてきた印象だ。

注目の前哨戦、チューリップ賞を制したのはナミュール(青帽)だった注目の前哨戦、チューリップ賞を制したのはナミュール(青帽)だった この記事に関連する写真を見る  また、その他のステップレースでは、GIIIフェアリーS(1月10日/中山・芝1600m)をライラック(牝3歳)、GIIIクイーンC(2月12日/東京・芝1600m)をプレサージュリフト(牝3歳)、オープン特別のアネモネS(3月13日/中山・芝1600m)をクロスマジェスティ(牝3歳)、GIIフィリーズレビュー(3月13日/阪神・芝1400m)をサブライムアンセム(牝3歳)、そしてGIIIフラワーC(3月21日/中山・芝1800m)をスタニングローズ(牝3歳)が勝利。それぞれ、新たな勢力としてクラシックの舞台へと駒を進めてきた。

 今回はこれらの結果を踏まえて、GI桜花賞(4月10日/阪神・芝1600m)、GIオークス(5月22日/東京・芝2400m)という大舞台を前にしての『Sportivaオリジナル番付()』を発表したい。
※『Sportivaオリジナル番付』とは、デイリー馬三郎の吉田順一記者、日刊スポーツの木南友輔記者、独特なデータを駆使するパソコン競馬ライターの市丸博司氏、フリーライターの土屋真光氏、Sportiva編集部競馬班の5者それぞれが、クラシックに挑む3歳牝馬の、現時点における実力・能力を分析しランク付け。さらに、そのランキングの1位を5点、2位を4点、3位を3点、4位を2点、5位を1点として、総合ポイントを集計したもの。