2021.12.26

「私はこの馬が好き!」美女馬券師が有馬記念で夢を託す本命とは?

  • text by Morinaga Maaya

美女馬券師のGI最終決断
守永真彩~有馬記念編

もりなが・まあや/『日曜レース展望KEIBAコンシェルジュ』(グリーンチャンネル・土曜日19時30分~)にアシスタント秘書としてレギュラー出演中。『アプリ デイリー馬三郎』では予想コラムを連載。「楽天競馬」のイメージキャラクター。母親は女優の白石まるみさんもりなが・まあや/『日曜レース展望KEIBAコンシェルジュ』(グリーンチャンネル・土曜日19時30分~)にアシスタント秘書としてレギュラー出演中。『アプリ デイリー馬三郎』では予想コラムを連載。「楽天競馬」のイメージキャラクター。母親は女優の白石まるみさん この記事に関連する写真を見る ◎エフフォーリア
◯ディープボンド
▲クロノジェネシス
☆タイトルホルダー
△モズベッロ
△ウインキートス
△アリストテレス

 守永真彩です。2021年はみなさんにとって、どんな一年でしたか?

 この一年の競馬界では、ソダシが白毛馬として史上初めて、牝馬クラシックのGI桜花賞を制したり、ヨカヨカがGIII北九州記念を勝って、熊本産馬初のJRA重賞制覇を果たしたり。さらに、ミューチャリーが地方所属馬で初めて地方交流GIのJBCクラシックを勝ったり、ラヴズオンリーユーが日本調教馬で初めて海外GIのブリダーズカップ(フィリー&メアターフ)で勝利し、なおかつ日本馬初の同一年で海外GI3勝という偉業を成し遂げたり......。

 振り返ってみると、さまざま記録が達成された年だったと感じています。

 昨年も、初めて同じ年に無敗の三冠牝馬と牡馬が誕生したり、アーモンドアイが史上最多のGI通算9勝という金字塔を打ち立てたりと記録づくめでしたが、今年もまた、ファンの想像を超えるたくさんの夢を見せてくれました。そんな"競馬"というスポーツに対して、感謝しかありません。

 今年も残すところあと6日ですが、有馬記念(12月26日/中山・芝2500m)、ホープフルS(12月28日/中山・芝2000m)、地方交流の東京大賞典(12月29日/大井・ダート2000m)と、注目のGIレースが目白押し! 最後まで楽しみつくしたいと思います。

 先日、朝日杯フューチュリティSで初勝利を挙げ、JRAの平地GI完全制覇にリーチをかけた武豊騎手がホープフルSを勝って、前人未到の快挙を遂げて今年の締めくくりとなったら、最高だなぁ♪