2021.08.21

再び100万馬券が炸裂か。荒れる北九州記念で穴党記者が確信をもってオススメする4頭

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • photo by Eiichi Yamane/AFLO

 GIII北九州記念(小倉・芝1200m)が8月22日に行なわれる。

 夏の、それもハンデ重賞とあって、「荒れる」レースとして有名なこの一戦。実際、過去10年の成績を振り返ってみると、1番人気は未勝利。2008年のスリープレスナイト以来、勝っていないのだ。3着以内にも2着3回、3着1回と、わずか4度しか馬券に絡んでおらず、大きく期待を裏切っている。

 その一方で、6番人気以下の伏兵がなんと8勝も挙げており、3連単の配当はすべて万馬券。100万円超えが1回、300万円超えが1回と、高額配当もしばしば生まれている。

 そして今年は、8月に入ってから悪天候が続いて馬場状態が不安定。波乱ムードは一段と高まっている。そうした状況にあって、日刊スポーツの木南友輔記者は激走候補のタイプについてこう語る。

「馬場状態が気になった先週末、小倉で行なわれたGIII小倉記念は結局、外差しで決着。小倉は今週も雨予報ですから、やはり先週同様、外差し狙いが基本となるでしょう。あと、小倉記念ではスーパーフェザーの手綱をとった武豊騎手が後方からのインまくりで3着。そういった騎乗にもちょっと警戒が必要ですね」

 では、木南記者が穴馬として期待するのはどの馬か。

「個人的にはずっと応援している九州産馬のヨカヨカ(牝3歳)が脚質に自在性が出てきているので、今度こそチャンスをつかんでほしいと思っているのですが......」

 そう前置きしたうえで、今回2度目の重賞挑戦となる伏兵馬の名を挙げた。

「小倉で好走歴があって、追い込み脚質の馬ということで、気になるのはコンパウンダー(牡6歳)です。同馬は時計のかかる馬場が合うタイプでありながら、オープン入りを決めた昨秋の3勝クラス・桂川S(京都・芝1200m)では、今夏のGIIICBC賞(7月4日/小倉・芝1200m)を日本レコードで制したファストフォース(牡5歳)を下している点も魅力です。

 これまでの実績的にも、父アドマイヤムーンという血統的にも、馬場が渋れば、面白い存在だと思います」