2021.06.20

初陣は「伝説の新馬戦」!? 調教師が語る良血ローマンネイチャーの魅力

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara
  • photo by AFLO

厳選!2歳馬情報局(2021年版)
第4回:ローマンネイチャー

 2歳戦においては毎年、「伝説の新馬戦」と呼ばれるレースが必ずある。素質馬が何頭も顔をそろえたり、同じ新馬戦に出でいた馬が軒並み活躍したりすると、そう称される。

 今年はGI宝塚記念が開催される6月27日に行なわれる2歳新馬(阪神・芝1800m)が、そうした評価を受けるレースとなるかもしれない。なにしろ、この一戦には多数の評判馬が参戦を予定しているからだ。

 そのうちの1頭が、栗東トレセンの高野友和厩舎に所属するローマンネイチャー(牡2歳/父ディープインパクト)である。

 同馬が注目されるのは、姉にGI2勝を挙げたショウナンパンドラ(牝/父ディープインパクト)がいる良血だからだ。そんな彼女も、デビュー前から高評価を受ける存在だったが、その素質が早々に開花することはなかった。

 2戦目の未勝利戦で勝ち上がるも、春のクラシックに出走するまでには至らなかった。結局、2勝目を挙げたのが3歳の夏。やや出世は遅れた。

ローマンネイチャーの姉、ショウナンパンドラ。強豪牡馬相手にジャパンC制覇も果たしているローマンネイチャーの姉、ショウナンパンドラ。強豪牡馬相手にジャパンC制覇も果たしている この記事に関連する写真を見る  しかし、秋になってオープン特別の紫苑S(新潟・芝2000m)で2着と好走すると、牝馬三冠最終戦となるGI秋華賞(京都・芝2000m)に出走。オークス馬ヌーヴォレコルトをねじ伏せて、見事に戴冠を遂げた。

 さらに翌年、重賞戦線で奮闘を重ね、秋にはGIジャパンC(東京・芝2400m)を制覇。持ち前の鋭い末脚を繰り出して、強豪牡馬たちを蹴散らした。

 その他、GIでは宝塚記念(阪神・芝2200m)で3着、ヴィクトリアマイル(東京・芝1600m)で3着という結果を残している。