2020.12.19

欧州GI2勝の姉を持つセブンフォールドは「鍛えながらよくなる印象」

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara

厳選!2歳馬情報局(2020年版)
第28回:セブンフォールド

 来春のクラシックを占ううえで重要な2歳GI、朝日杯フューチュリティS(阪神・芝1600m)が12月20日に、ホープフルS(中山・芝2000m)が12月26日に行なわれる。そんななか、これからデビューを迎える2歳馬の中にもまだ楽しみな存在が控えている。

 栗東トレセンの藤原英昭厩舎に所属するセブンフォールド(牡2歳/父ディープインパクト)もその1頭だ。

まもなくデビューする良血セブンフォールドまもなくデビューする良血セブンフォールド  同馬への期待が大きいのは、2015年から2017年にかけて欧州で現役生活を送っていた半姉ケマー(牝/父デインヒルダンサー)の活躍にある。ケマーは欧州のマイル戦線で奮闘し、2016年にはコロネーションS(イギリス・芝1600m)、ロートシルト賞(フランス・芝1600m)と、GI2連勝を飾っているのだ。

 他に、GII、GIIIでも1勝ずつ挙げているケマー。勝利を得られなかったGIレースでも、何度となく上位争いを演じている。

 その半弟となるセブンフォールドは、父が日本のリーディングサイヤーであるディープインパクトということもあって、デビュー前から脚光を浴びている。

 さて、デビューを目前にして、同馬に関わるスタッフの感触はどんなものなのか。関西競馬専門紙のトラックマンがその様子を伝える。