2020.02.15

共同通信杯は、強烈な末脚を秘める
「いぶし銀」2頭がアッと言わす

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • photo by Eiichi Yamane/AFLO

 GIII共同通信杯(東京・芝1800m)が2月16日に行なわれる。

「クラシックへの登竜門」と言われるだけあって、ゴールドシップ、ディープブリランテ、イスラボニータ、リアルスティール、ドゥラメンテ、ディーマジェスティ、スワーヴリチャード、ダノンキングリーなど、ここで好走した馬たちが、のちのクラシックでも大いに奮闘している。

 ということは、素質馬、すなわち人気馬が結果を出しているように思えるが、過去10年で1番人気は、1勝、2着3回、3着2回、着外4回と、それほど好成績を残しているわけではない。

「1番人気の単勝が1倍台となった年が6度もありながら、1番人気で勝っているのは、単勝2.2倍のイスラボニータだけ。こういった側面にも、しっかり目を向けたい」

 日刊スポーツの松田直樹記者もそう言って、波乱含みのレースであることを示唆。続けて、今年のレースについても、こんな見解を示す。

「評判馬に隠れた伏兵がここでベールを脱ぎ、飛躍を遂げるのが、共同通信杯というレースなんです。今年に関して言えば、ここまで3戦3勝と1番人気が予想されるマイラプソディ(牡3歳)の陰に隠れた”真の実力馬”を見抜けば、後々のGI戦線も楽しみになりますし、ここでも好配当を得ることができると思います」

本命マイラプソディを脅かす馬はいるか!?