2019.03.30

大荒れ予報の春のGI戦線。
大阪杯もリベンジ期す4頭で帯封ゲットだ

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • photo by Eiichi Yamane/AFLO

 GI昇格3年目となる大阪杯(阪神・芝2000m)が3月31日に行なわれる。

 過去2年の結果を振り返ってみると、2017年のキタサンブラック、2018年のスワーヴリチャードと、いずれも1番人気が勝利を飾っているが、2着には7番人気のステファノス(2017年)、6番人気のペルシアンナイト(2018年)が入線。決して”堅いレース”とは言えない。

 はたして、今年はどうか。

 GI馬が8頭も参戦し、勢いのある上がり馬もズラリと集結。ひと筋縄では収まりそうにない雰囲気が充満している。日刊スポーツの太田尚樹記者もその点には同意して、波乱決着もあると匂わせる。

「アーモンドアイをはじめ、『ドバイ遠征組』がいなくても、かなりの豪華メンバーが顔をそろえました。レース自体の面白味はもちろんですが、混戦模様でオッズも割れそうですから、馬券的な妙味も十分にあります。

 しかも、人気を集めそうなブラストワンピース(牡4歳)、ワグネリアン(牡4歳)、キセキ(牡5歳)は休み明け。付け入る隙はありますから、組み合わせ次第では高配当も狙えるのではないでしょうか」

 レースも、馬券も楽しめそうな一戦。そのうえで、デイリー馬三郎の吉田順一記者は、現在の馬場の傾向から「時計勝負になる」と予想する。

「先週の阪神では、1000万下クラスのレースにおいても、芝1600mの走破時計が1分33秒3。勝ち馬の上がりタイムも33秒4と速く、その他のレースでも水準以上の時計が記録されました。

 加えて、今週から仮柵を設けたBコースとなって、馬場の凸凹部分が大方隠れるはず。週末に天候の崩れが予想されていますが、降雨量がそれほど多くなければ、路盤硬化が進んで一段と時計は速くなりそうです。上がりは適度にかかっても、全体時計は速くなると判断してもいいでしょう。