2019.03.29

好メンバーが集結した大阪杯。
人気の盲点となる3頭で花見を豪勢に!

  • text by Sportiva
  • photo by Eiichi Yamane/AFLO

 2017年からGIに昇格した大阪杯(阪神・芝2000m)が3月31日に行なわれる。

 今年も多士済々の顔ぶれがそろったが、人気が予想されるブラストワンピース(牡4歳)やキセキ(牡5歳)、ワグネリアン(牡4歳)らは、いずれも休養明け。今やGI戦への直行も珍しくないとはいえ、今回のようにハイレベルかつ実力が拮抗したメンバー構成にあっては、少なからず不安は募る。

 とすれば、ここは穴馬が台頭する可能性も大いに考えられる。

 実際、大阪杯の歴史を振り返っても、2017年に7番人気のステファノス、2018年には6番人気のペルシアンナイトが2着と好走。GI昇格後の2年だけ見ても、伏兵が上位に突っ込んできている。

 また、GII時代を遡(さかのぼ)っても、2010年のテイエムアンコール、2012年のショウナンマイティと、ともに6番人気で戴冠を果たすなど、何度となく波乱が起こっている。

 ならば、今や真っ盛りの花見を豪勢に楽しむためにも、ここは高配当狙いに徹してはどうか。そこで、過去の傾向をヒントにして、今年のレースで激走しそうな馬をあぶり出してみたい。

 まず、狙ってみたいのが、人気落ちのGI馬だ。

 先述したペルシアンナイトも、前年秋にGIマイルCS(京都・芝1600m)を制覇していた。しかしその後、春の復帰戦となったGII中山記念(中山・芝1800m)で1番人気に推されながら5着に敗戦。この結果を受けて、人気が急落した。

 こうした例はGI昇格以前にも多く見られ、2016年に5番人気で2着となったキタサンブラック、2015年に4番人気で優勝したラキシス、2013年に5番人気で3着となったエイシンフラッシュなどがいる。