大荒れ予報の春のGI戦線。
大阪杯もリベンジ期す4頭で帯封ゲットだ

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • photo by Eiichi Yamane/AFLO

 昨年も始動戦のGII中山記念(中山・芝1800m)では5着に敗れながら、本番で巻き返しました。典型的な叩き良化型で、コース適性の高さも昨年で実証済みです。

 マイルのGIを勝っていますが、鞍上のミルコ・デムーロ騎手は『大人になったし、競馬も上手。今なら(距離は)2000mがいい』と話しています。前走の敗戦で人気を落とすようなら"オイシイ"と思いますよ」

 太田記者ももう1頭、推奨馬を挙げる。前走の金鯱賞で人気を裏切ったエアウィンザー(牡5歳)だ。

「金鯱賞の敗戦(3着)で評価を落としているようですが、これまでに良馬場以外の馬場や雨の中でのレース経験が乏しく、本来の走りができなかったのは、そうした天候や馬場の影響があったと思います。

 若い頃は勝ち切れないレースが多かったですが、厩舎スタッフによると『レースで気を抜かなくなったことが、(最近の)成績に直結している』とのこと。精神面の成長が昨年からのブレイクにつながりました。阪神は6戦4勝、2着2回と、大の得意コース。良馬場なら、見直せます」

 春のGIシリーズ開幕戦となった先週の高松宮記念は、3連単の配当が400万円超えの大波乱となった。そんな"大荒れ前線"の影響は今週も続くのか。その一端を担う"穴馬"が、ここに挙げた4頭の中にいても不思議ではない。

4 / 4

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る