2019.03.23

明け4歳馬が強力な高松宮記念。
騎手とセットで6歳牝馬がお買い得だ

ダービージョッキー
大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」

 春のGIシリーズがいよいよスタート。その幕開けを告げるGI高松宮記念(中京・芝1200m)が3月24日に行なわれます。

 例年、ほぼフルゲートで行なわれるこのレース。今年もフルゲート18頭の出走馬が顔をそろえました。

 昨年の「スプリント王」ファインニードル、ここ数年のスプリント界を引っ張ってきたレッドファルクスが引退した今、その出走メンバーを見て思うのは、どうやらスプリント戦線は、新しい時代に突入していきそうだ、ということです。

 古豪レッツゴードンキ(牝7歳)、堅実なナックビーナス(牝6歳)、一昨年のこのレースを制したセイウンコウセイ(牡6歳)、藤田菜七子騎手の騎乗で注目を集めるGI馬スノードラゴン(牡11歳)らはいまだ健在ですが、今年は勢いのある明け4歳馬たちが出走。それらが、今後のスプリント界を引っ張っていくと思うからです。

 本来、まだ3月の段階で古馬相手にGIを戦うには、4歳馬にとっては身体的にも、斤量的にも厳しいものがあります。馬によって違いはありますが、多くの4歳馬は夏を越して本格化するからです。

 実際、このレースの過去の好走馬を見ても、4歳馬は極めて少ないです。2000年からこの時期に施行されるようになりましたが、そのうち4歳馬が勝ったのは3回のみ(2002年のショウナンカンプ、2014年のコパノリチャード、2017年のセイウンコウセイ)。のちにこのレースの覇者となるローレルゲレイロやロードカナロアも、4歳時に挑戦した際には敗れています。

 それでも、今年の明け4歳勢には強く惹かれます。

 まず注目は、前哨戦で勝利を飾ったダノンスマッシュ(牡4歳)と、モズスーパーフレア(牝4歳)の2頭です。

 ダノンスマッシュはロードカナロアの仔で、同馬を管理するのもロードカナロアと同じ安田隆行厩舎。GIII京阪杯(2018年11月25日/京都・芝1200m)、GIIIシルクロードS(1月27日/京都・芝1200m)と連勝してここに挑んでくるのも、4歳時のロードカナロアと同じですね。