2019.03.24

奇跡の子メイショウテンゲンの感動話。
クラシックで再びドラマを生む

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara
  • photo by Yasuo Ito/AFLO

2019年クラシック候補たち
第8回:メイショウテンゲン

 3歳クラシックがまもなく開幕する。今年も新たなドラマが生まれるのだろうが、実は本番を前にして、すでに人馬によるひとつのドラマが生まれている。

 主役となったのは、GII弥生賞(3月3日/中山・芝2000m)を制したメイショウテンゲン(牡3歳/父ディープインパクト)である。

力強い走りで弥生賞を制したメイショウテンゲン 同馬は、昨年10月にデビュー。3戦目までは2着、2着、3着と、いずれも好走を見せるが、勝ち切るまでには至らなかった。初勝利は、クラシック候補が続々と名乗りを挙げ始めた昨年末。4戦目の2歳未勝利(12月28日/阪神・芝1800m)だった。

 同レースを快勝し、待望の白星をつかむと、メイショウテンゲンは果敢に重賞に挑戦。GIIIきさらぎ賞(2月3日/京都・芝1800m)に出走した。道中は中団からやや後方を追走し、直線での追い上げが期待されたが、結局伸び切れずに5着に終わった。

 その後に挑んだのが、弥生賞である。重馬場となった当日、大外枠に入った同馬は10頭立ての8番人気という低評価に甘んじた。

 しかし、スタートして中団につけると、3コーナー付近から外側をじわじわと上がって、直線入口で先頭争いへ。有力各馬が横に並んで熾烈な叩き合いを演じるなか、坂を上がるとメイショウテンゲンだけが力強く抜け出して、先頭でゴール板を通過した。