2018.06.20

宝塚記念は、サトノダイヤモンド復活を
信じていいか。マジで大丈夫か?

  • 平出貴昭●文 text by Hiraide Takaaki  photo by Ito Yasuo/AFLO

 今週末24日、阪神競馬場では春のグランプリ、GI宝塚記念(芝2200m)が行なわれる。

 かつては、その年のGI天皇賞・春(京都・芝3200m)勝ち馬とGI安田記念(東京・芝1600m)勝ち馬の対決が見どころだったが、今年も含めここ6年、安田記念からの参戦馬はなく、その年の安田記念の勝ち馬の参戦は2007年ダイワメジャーを最後に途絶えている。過去の勝ち馬を見ても、安田記念と宝塚記念を両方勝った馬はいないので、ある意味、自然な成り行きと言える。

 さらに今年は同年の天皇賞・春(4月29日)勝ち馬の参戦もない。勝ったレインボーラインはゴール後に故障を発生し、既に引退してしまった。天皇賞・春勝ち馬の出走がないのは2014年(天皇賞・春勝ち馬はフェノーメノ)以来4年ぶり。今年は天皇賞・春から3頭が参戦予定だが、4着のミッキーロケットが最高着順。同年の天皇賞・春3着以内馬が出走しないのは1996年以来、22年ぶりとなる。ちなみに、その年は天皇賞・春で5着だったマヤノトップガンが勝利している。

 とはいえ、昨年の勝ち馬であるサトノクラウン、昨年の菊花賞馬のキセキ、昨年のドバイターフ勝ち馬のヴィブロスなど4頭のGI馬がエントリー。初対戦の組み合わせも多く、なかなか興味深いメンバー構成となっている。

3歳時にキタサンブラックを破ったサトノダイヤモンド(手前)。この頃の「強さ」を取り戻せるか 4頭のGI馬の中で、最も大きな注目を集めそうなのがサトノダイヤモンド(牡5歳/池江泰寿厩舎)だ。同馬は2016年のクラシック戦線の中心的存在として活躍し、GI皐月賞(中山・芝2000m)3着、GI日本ダービー(東京・芝2400m)2着と好走を続け、秋のGI菊花賞(京都・芝3000m)でGI初制覇。その勢いを駆って、年末のGI有馬記念(中山・芝2500m)ではキタサンブラックを破り、最優秀3歳牡馬に輝いた。