2018.06.21

宝塚記念。夏の旅行でビジネスクラスに
乗せてくれる優しい4頭がいる

  • text by Sportiva
  • photo by Eiichi Yamane/AFLO

 荒れる気配が漂うレース──上半期の総決算となるGI宝塚記念(6月24日/阪神・芝2200m)は、そんな表現がぴったり当てはまる一戦だ。

 というのも、古馬の中・長距離戦線を引っ張ってきた”王者”キタサンブラックが引退。さらに、今春のGI大阪杯(4月1日/阪神・芝2000m)を制して「次期・王者候補」と目されるスワーヴリチャードもこのレースを回避し、誰もが認める”主役”が不在の状況にあるからだ。

 しかも、今回実績上位となるサトノダイヤモンド(牡5歳)やキセキ(牡4歳)といったGIホルダーは、いずれも近走は精彩を欠いている状態。昨年の覇者サトノクラウン(牡6歳)も、海外帰りで万全とは言い難く、まさに”荒れる”雰囲気が充満している。

 ならば、思い切って穴馬券を狙っていくべきだろう。そこで今回も、過去10年の結果をヒントにして、波乱を起こしてくれそうな激走馬をあぶり出してみたい。

 ここ最近の結果を見て、すぐに目につくのが、牝馬の強さだ。5年連続で3着以内に絡んでおり、2015年には10番人気のデニムアンドルビーが2着、11番人気のショウナンパンドラが3着に入って、3連単は52万8510円の高配当となった。

 また、2016年には8番人気の牝馬マリアライトが優勝。夏のグランプリは、とにかく牝馬が強いのである。

 つまり、牝馬が出走すれば”買い”。今年も、ヴィブロス(牝5歳)とスマートレイアー(牝8歳)の2頭は、確実に押さえなければいけない。