2018.06.22

宝塚記念の穴馬「この3頭半端ないって。
そんなん来いひんやん、普通」

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • photo by Shutterstock/AFLO

「春のグランプリ」GI宝塚記念(6月24日/阪神・芝2200m)は、過去10年間で1番人気が2勝、2着4回、3着2回、着外2回。比較的安定した成績を残しており、一見すると”穴党”の出番はないように見える。

 しかし、1番人気の勝率が20%ということは、それだけ好配当の生まれる可能性が高いということ。さらに、この週末は梅雨前線の影響で渋った馬場が予想される。やや重以下のコンディションで行なわれたことは過去10年で4回あるが、いずれも1番人気は敗れている。

 とすれば、今年の宝塚記念は間違いなく”穴党”の出番だろう。そして、日刊スポーツの松田直樹記者は、その馬場適性が穴馬を判別する指標になるという。

「6月の阪神開催ではほぼ毎年、開催期間中のいずれかの週で、芝レースがやや重以下の道悪馬場で行なわれています。ましてや、宝塚記念の施行日は開催最終週。仮に良馬場でも、タフな馬場をこなせる脚力が求められます。

 それは、これまでの勝ち馬を見れば、よくわかります。2013年、2014年に連覇を遂げたゴールドシップは、泥んこ馬場の皐月賞優勝馬。2016年の勝ち馬マリアライトも、やや重以下で4戦3勝、3着1回と荒れた馬場を得意としていました。さらに、昨年の覇者サトノクラウンも、やや重以下の馬場で重賞を3勝していました」

 サトノクラウン(牡6歳)は宝塚記念を制したあとも、極悪馬場で行なわれたGI天皇賞・秋(東京・芝2000m)で2着と好走している。となると、松田記者は今回、サトノクラウンで勝負するのだろうか。