2018.05.20

ダービーでも…。「伏兵コンビ」
サンリヴァル&藤岡佑騎手に野心あり

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara
  • photo by Yasuo Ito/AFLO

2018年クラシック候補たち
第16回:サンリヴァル

 5月6日に行なわれたGI NHKマイルC(東京・芝1600m)を制したのは、6番人気の"伏兵"ケイアイノーテック。鞍上は、藤岡佑介騎手だった。

 2004年にデビューした藤岡佑騎手。GIタイトルはこれまで、何度か手が届きそうなところまできていたが、あと一歩で逃して、なかなか手にすることができなかった。その栄冠を今回、デビュー15年目にして、ついにつかんだのである。

 藤岡佑騎手は今、まさに上り調子にある。NHKマイルCを含めて、今年はすでに重賞4勝。昨秋もGI菊花賞(京都・芝3000m)で10番人気のクリンチャーを2着に導くなど、大舞台でも結果を出して「頼りになるジョッキー」のひとりとして頭角を現してきた。

 その好調なジョッキーとともに、注目のGI日本ダービー(5月27日/東京・芝2400m)に挑む馬がいる。サンリヴァル(牡3歳/父ルーラーシップ)だ。

皐月賞2着のサンリヴァル。ダービーでも大駆けなるか 昨年9月にデビュー勝ちを決めると、続くオープン特別の芙蓉S(9月24日/中山・芝2000m)で連勝を飾った。その後、休養を挟んで、昨年からGIに格上げされたホープフルS(12月28日/中山・芝2000m)に挑戦。先行して4着と健闘し、翌春のクラシックへと期待を持たせる走りを見せた。

 3歳となった年明け初戦は、トライアルのGII弥生賞(3月4日/中山・芝2000m)で始動。ここでも、強豪相手に4着に入って一定の力を示した。