2018.05.19

横山ルリカのオークス予想はマジ本気。
本命はまさかの「別路線組」だ

  • 土屋真光●構成 text by Tsuchiya Masamitsu  織田桂子●写真 photo by Oda Keiko

 アイドルユニット「アイドリング!!!」の結成メンバーとしてデビューし(2015年10月卒業)、現在は『競馬予想TV!』(CS・フジテレビONE、)のアシスタント(2014年9月~)をはじめ、『競馬血統研究所』(同前、2015年7月~)、フジテレビ系列の競馬中継に出演し、『サンスポZBAT!競馬』のイメージキャラクターとして競馬方面にも活躍の場を広げる横山ルリカさん。

 競馬歴は4年目。Sportivaへの登場は大好評だった昨秋のエリザベス女王杯以来となるが、先日のヴィクトリアマイルも見事に的中させるなど、馬券の調子も上向きのようで今週のオークス予想も大いに期待できそうだ。

ヴィクトリアマイルを的中させた横山ルリカさん。今週も当てて大一番ダービーへ 競馬のお仕事をさせていただくようになって、まだそんなに日は経っていないなかで、昨年のオークスは『競馬血統研究所』のロケがあり、生で見ることができました。

 昨年の3歳世代の牝馬ではソウルスターリングをずっと応援していました。フランケルの産駒なので、稍(やや)重馬場の桜花賞でも大丈夫との評判でしたが、実際にはその馬場が響いたのか、3着に負けてしまいました。でも、私は一番能力があると信じていて、その雪辱をオークスで果たすことができてよかったなと思いました。

 番組は血統予想がメインなので「オークスは何はともあれディープインパクト産駒」という傾向を取り上げ、私もディープ産駒の何かは来るだろうなと思っていました。ところが、1着がフランケル、2着と4着がハービンジャー、3着がハーツクライの産駒で、まさかのディープ産駒が全然上位にこないレースになってしまった。そういう意味でも印象に残っています。

 私の予想のスタイルは、データが中心にはなるんですが、例年ならオークスは絶対的な底力、能力勝負になるので、人気どころは飛ばないレースだと思っています。ですが、今年はそうならないのでは?という可能性を見つけちゃいました。ひと味違うオークスになると勝手に思っています。