2018.05.21

競馬のプロも頭を抱えて大混乱。
ダービー直前「3歳牡馬ランキング」

  • text by Sportiva
  • photo by AFLO

2018年3歳クラシック
Sportivaオリジナル番付(牡馬編:第4弾)

 牡馬クラシック第1弾のGI皐月賞(4月15日/中山・芝2000m)は、大本命と目されていたダノンプレミアム(父ディープインパクト)が、レース1週間前に負傷によって回避を表明。一気に混戦ムードとなる中、7番人気のエポカドーロ(父オルフェーヴル)が戴冠を遂げた。

牡馬クラシック第1弾の皐月賞はエポカドーロの完勝だった 以下、2着には9番人気のサンリヴァル(父ルーラーシップ)、3着には8番人気のジェネラーレウーノ(父スクリーンヒーロー)が入線。人気上位馬がことごとく馬群に沈んで、波乱の決着となった。

 その後、クラシック第2弾となる日本ダービー(5月27日/東京・芝2400m)への最終切符を巡って、3つのトライアルが行なわれた。GII青葉賞(4月28日/東京・芝2400m)はゴーフォザサミット(父ハーツクライ)、GII京都新聞杯(5月5日/京都・芝2200m)はステイフーリッシュ(父ステイゴールド)、そしてオープン特別のプリンシパルS(5月5日/東京・芝2000m)はコズミックフォース(父キングカメハメハ)が勝って、それぞれダービーの出走権を手にした。

 こうして、ダービー1週前の時点で21頭が出走登録。クラシック本番に突入してからも目まぐるしく戦況が変わり、日刊スポーツの木南友輔記者はこんな感想を漏らした。

「ここ数年で(勢力図が)最もよくわからなかった世代です。巷で言われているように、ディープ産駒の不調があったこともあるのでしょうが、ノーザンファーム生産馬、育成馬の”使い分け感”が色濃くなって、各馬の実力比較が難しくなった印象があります。今後、その傾向は一層増していくでしょう。その意味でも、しっかりと2歳戦の分析をしなくてはいけないと、痛感させられましたね」

 そんな状況の中、いよいよ世代の最強馬を決める日本ダービーが行なわれる。そこで、同舞台を見据えた3歳牡馬の『Sportivaオリジナル番付()』を発表したい。
※『Sportivaオリジナル番付』とは、デイリー馬三郎の吉田順一記者、日刊スポーツの木南友輔記者、独特なデータを駆使するパソコン競馬ライターの市丸博司氏、フリーライターの土屋真光氏、Sportiva編集部競馬班の5者それぞれが、今回はダービーに出走予定の3歳牡馬の実力・能力を分析しランク付け。さらに、そのランキングの1位を5点、2位を4点、3位を3点、4位を2点、5位を1点として、総合ポイントを集計したもの。