2018.01.05

穴党記者からビッグなお年玉。
中山金杯でこそ狙える「めでたい4頭」

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • photo by Sports Nippon/Getty Images

 2018年の中央競馬は、例年よりも1日遅い1月6日からの開催。東西でお馴染みのハンデ重賞、金杯で幕を開ける。今年の”競馬運”を占う意味でも見事的中させて、幸先のいいスタートを切りたいところだ。

 ここでは、今後の躍進が期待される活きのいい4歳馬がそろったGIII中山金杯(中山・芝2000m)を取り上げたい。

「弊社の社杯でもある日刊スポーツ賞中山金杯なので、何がなんでも当てたいですね(笑)」

 そう息巻くのは、日刊スポーツの松田直樹記者。同記者も、まずは将来性ある4歳世代に注目する。

「今年の明け4歳馬(の世代)は3歳時の昨年、古馬混合のオープン以上の競走において、モズカッチャンが制したエリザベス女王杯、ペルシアンナイトが快勝したマイルCSのGI2勝を含めて15勝。これは、過去5年の3歳馬世代の中では最多の勝利数です。ここに出走するウインブライト(牡4歳)もGIII福島記念(11月12日/福島・芝2000m)を勝っていて、優秀な世代としてさらなる飛躍が期待されます。

 しかし、この実績を鵜呑みにしすぎるのはどうなのか、とも考えています。ウインブライトにしても、勝利した福島記念の勝ち時計は2分0秒2。同日に同条件で行なわれた500万下のレースよりもコンマ4秒遅く、上がりもコンマ2秒遅いものでした。ゆったりしたペースの恩恵もあったはずで、加えて今回は前走からハンデ2kg増の56kg。個人的には狙いにくいと思っています」