2018.01.02

ダービー2着。スワーヴリチャードの妹、
ルナステラはカイ食いがカギ

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara

厳選! 新馬情報局(2018年版)
第32回:ルナステラ

 GI有馬記念(中山・芝2500m)で引退の花道を飾ったキタサンブラックをはじめ、2017年も多くの名馬が躍動した。年が変わって2018年も、スターホースによる名シーンが数多く見られることを期待したい。

 さて、クラシックを目指す3歳戦線では、注目の若駒が年明けデビューを迎える。栗東トレセン(滋賀県)の石坂正厩舎に所属するルナステラ(牝3歳/父ディープインパクト)である。

兄たちに続く活躍が期待されるルナステラ 彼女のひとつ上の兄は、昨年の3歳クラシックで主力を務めたスワーヴリチャード(牡4歳/父ハーツクライ)。年明けのGIII共同通信杯(東京・芝1800m)を勝つと、GI皐月賞(中山・芝2000m)は6着に終わったものの、GI日本ダービー(東京・芝2400m)では勝ったレイデオロに僅差の2着と奮闘した。

 秋になってからも、GIIアルゼンチン共和国杯(1着。東京・芝2500m)で強豪古馬を蹴散らし、年末の有馬記念ではキタサンブラックに次ぐ2番人気の支持を得た。結果は4着に終わったが、今年はGI戦線で主役を張る存在となっていくことだろう。