2017.03.24

ドバイワールドカップ馬券的中へ。
日本馬の調整具合をチェックしてみた

  • 土屋真光●文・写真 text & photo by Tsuchiya Masamitsu

 砂漠を舞台にしたカーニバルで、今年も国際競馬の幕が開く。5つのサラブレッドの国際GI競走を含む9つの国際競走開催であるドバイワールドカップ(以下、ドバイWC)カーニバルが、現地時間3月26日(土)、アラブ首長国連邦(UAE)のドバイにあるメイダン競馬場で行なわれる。昨年から日本国内で開始された海外競馬馬券の発売は、メイン競走であるGIドバイWC(ダート2000m)のほか、GIドバイシーマクラシック(芝2410m)、GIドバイターフ(芝1800m)の3競走のみだが、このほかGIドバイゴールデンシャヒーン(ダート1200m)、GII UAEダービー(ダート1900m)、GIIゴドルフィンマイル(ダート1600m)も含めて、10頭の日本調教馬がスタンバイしている。


ドバイワールドカップに出走するゴールドドリーム。調整は順調
 今年のドバイワールドカップウイークは、例年と比較してあまり気温が上がらず、むしろ陽が上ったあとも吐く息が白く、肌寒さが収まらないほど。21日火曜日の午前中は雨に見舞われ、とても砂漠の国とは思えない。当日に向けて徐々に気温も上がる見込みだが、それでもレース当日は30度を超えるかどうかとの予報になっている。日本調教馬にとっては、懸念材料のひとつとされる気候の変化が最小限にとどめられているのは、追い風となるはず。