2016.08.18

西の「旅打ち」は、オグリキャップを
生んだ笠松競馬の特別席から

  • 土屋真光●旅人 Traveler&text&photo by Tsuchiya Masamitsu

「夏競馬」珍道中~西日本編(2)

西日本編(1)はこちら>

希代の名馬オグリキャップ。同馬が育った笠松競馬場へ。photo by Kyodo News

オグリキャップ像に一礼し、いざ勝負!

 唐突に始まった、予算5万円で行く夏の「旅打ち」。

 まずは笠松競馬を出発地として、新潟か小倉かを選ばねばならない。距離的には新潟のほうが近いが、新潟競馬場から他に転戦する選択肢がない。

 一方、小倉はというと、競馬も競輪も開催されていて、ちょっと足を伸ばせば佐賀競馬もある。効率よく周れば、実は安く済ませられそうなのは、こっちだ。

 早速、”脳内”旅行代理店「ツッチー・ヤイ・エス」とルートを相談しながら、今後の計画を立てる。

 そういえば、九州へ行くなら「九州ふっこう割」としていろいろな旅行代理店が割引クーポンを出しているではないか! すぐさまチェックしてみるが、いくら調べても「クーポンの配布は終了しました」という案内ばかり。たとえ割引クーポンがあったとしても、旅行開始の数日前に予約が必要だという。

 だから、いきなり言うなって……。担当編集Tの勝手な”指令”に再び腹が立ってきた。

 それでも、意外とできる”脳内”代理店「ツッチー・ヤイ・エス」は、ブラボーな旅程を導き出してくれた。