2016.08.17

予算は5万円。西へ行く
「夏競馬の旅」は、地獄か、極楽か

  • 土屋真光●旅人 Traveler&text&photo by Tsuchiya Masamitsu

「夏競馬」珍道中~西日本編(1)

予期せぬ「指令」が出る前日に楽しんでいた川崎競馬場。photo by AFLO

 今思えば、「ラッキー♪」なんて思ってしまったことが間違いだった。

 5万円とはいえ、スポルティーバ編集部が一介のライターに理由もなく現金をくれるはずがないのだ。考えが甘かった......。

 今、これを執筆しているのは、7月29日の朝。名古屋駅近くにある、とあるサウナの無料PCコーナーである。税込み1580円で最大8時間利用できる。東京からの深夜バスによる移動の疲れと、前日からの汗を洗い流すために立ち寄ったところだ。

 話は前日に遡(さかのぼ)る。

 7月28日の川崎競馬はなんと"怪獣酒場ジャックデー"ということで、川崎駅近くにあるウルトラ怪獣をテーマにした居酒屋『怪獣酒場』と川崎競馬とのコラボレーション開催が行なわれていた。もちろん、怪獣たちも競馬場にやってくる。

 これを見逃す手はない。筆者は、本放送こそ間に合っていないが、ウルトラマンで育った世代だ。なにしろ、この世に生を受けた日がウルトラマンエースの本放送最終回だったし、生まれて初めて覚えた漢字は、自分の名前ではなく「怪獣」というくらい、ウルトラ怪獣はドンズバなのである。