フリーアナ後藤楽々はゴルフベストスコア79 SKE48卒業後青学大時代に取り組んだ練習法とは?

  • 山本真由●取材・文 text by Mayu Yamamoto

 女性アイドルグループ・SKE48の元メンバーで、現在はフリーアナウンサーとして活躍する後藤楽々さん。幼少期に始めたゴルフの腕は芸能界屈指の腕前で、ベストスコアはなんと70台。そんな後藤さんに、これまでのゴルフ遍歴から練習方法まで、余すことなくゴルフ愛を語ってもらった。

後藤楽々さんのベストスコアはなんと79! Photo by Takahiro Idenoshita後藤楽々さんのベストスコアはなんと79! Photo by Takahiro Idenoshitaこの記事に関連する写真を見る

【練習が好きになれなかった幼少期】

――幼少期の頃からゴルフを始められたんですよね。きっかけは?

後藤楽々(以下同)「ゴルフが大好きな祖父の影響です。父も母もゴルフが好きなので、小さい頃から家族でゴルフコースに行っていて。7歳くらいだったかな、「楽々も始めてみる?」みたいな感じで、私のゴルフライフがスタートしました。

 始めたばかりの頃は、なかなか楽しさに気づけなくて。練習があまり好きじゃなかったんです。でも、ラウンドはすごく楽しかった! だんだんのめりこんでいって"100切り"のために、週一回のスクールにも通うようになったんです」

――いくつの時に100を切ることができたんですか?

「たしか、小学校6年生の時だったと思います。学校の友だちでゴルフを習っている子が試合に出ていて。その姿を見て、私も一回だけ出てみようと、すごく頑張ったら100を切ることができました。

 嬉しかったですね。100切れるかどうかスレスレのラインってすごく緊張するじゃないですか。そのプレッシャーに今まで負け続けてきて......、やっと勝った!って感じですね。

 でも、100を切ったことで満足してしまって、一回ゴルフをストップしちゃったんです。燃え尽きたというのもあるのですが、アイドル活動をスタートしたので、時間が取れなくなっちゃって。15歳から20歳の5年間はゴルフから完全に離れてしまいました」

――アイドルを辞めてから、再スタートしたんですね?

「辞めたら青春が欲しくなっちゃって(笑)。大学に友だちが欲しい!思い出を作りたい!って思って、通っていた青山学院大学のゴルフ部に入部しました。球拾いをする代わりに無料で打たせてもらえる、青学ゴルフ部御用達の練習場があったんです。ゴルフ部の学生はみんなそこに通っていました。

 私は週3、4日通っていました。ゴルフをこんなに練習できる環境って二度とないと思ったんです。コロナ禍もあって時間ができたので、集中して取り組むことができました」

――どんな練習をされていたんですか?

「ひたすら打つ、ですね(笑)。自分のスイングの動画を撮って見直すこともやってました。ここがダメだっていうところがすぐにわかるので、同じようにやっている子は多いと思います。

 ゴルフ部の上手な子たちがやっていたのは、好きなプロ選手の動画を見て、それを真似すること。青学にはコーチがいなかったので、自分でやるしかないんです。上手な人に聞いたりもして、コツコツ地道にやってました」

1 / 3

プロフィール

  • 山本真由

    山本真由 (やまもとまゆ)

    エディター・ライター。出版社の編集を経て2018年に独立。ファッションからスポーツ、ライフスタイルまで幅広い分野で執筆中。趣味はサッカー観戦とゴルフ。目下100切りに奮闘中。

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る