2021.11.25

【木村和久連載】「休むもゴルフなり」。今一度、自らのゴルフ人生を振り返ってみては?

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

木村和久の「新・お気楽ゴルフ」
連載◆第8回

 先月のコラムでは、妄想ゴルフ会員権購入話で盛り上がったのですが、そんな浮いた話はどこへやら......。私、今月はもう奈落の底へと落とされてしまいました。

 なんというジェットコースター的人生なのでしょう。自分でもびっくりしています。

 実は私、突然右目の視力が落ちて、網膜剥離という失明にもなりかねない病気にかかってしまったのです。おかげで、手術&入院と大騒ぎとなり、右目が使えない状態がしばらく続いていました。

 さすがに片方の目だけでボールを打つのはしんどいので、約1カ月、ゴルフはお休み。でも、今では目もすっかり治って、ゴルフのスケジュールをバンバン入れていますので、ご心配なく。

 というわけで「休むもゴルフ」と題して、ラウンドを休んでいる時のゴルフは何をすべきか、考えてみたいと思います。

 元ネタは「休むも相場なり」という、株取引の格言です。

 相場には「買う」「売る」「休む」という3つの方法があり、何もしないこともアリとなっています。特に負け続けている人は、全体の相場を客観的に見られなくなっている可能性があるので、一度休んで、冷静になって相場観を見直してみるほうがいい、と言われています。

 翻(ひるがえ)って、ゴルフの場合はどうか。短期リタイヤにおいては、いろいろと考えるいいタイミングではないでしょうか。

 昨年から今年にかけて言えば、例年行事がこれほどできなかった期間はありません。毎年恒例のコンペは、コロナ禍によって全滅。泊りがけのリゾートゴルフというのも、まったくありませんでした。

 そういう意味では、休んでいる間にこの一年を振り返ってみたり、これまでのゴルフ人生について振り返ってみたりするのも悪くないと思います。

 私も休んでいる時には、過去を振り返り、テレビでトーナメントの観戦をし、自らのラウンドへの準備を整えていました。もちろん、いろいろと気晴らしもしていましたが、技術的な勉強をし、心の準備もしていました。