2021.03.03

安田祐香、同世代の活躍で芽生えた気持ち「置いていかれちゃう」

  • 柳川悠二●取材・文 text by Yanagawa Yuji
  • スエイシナオヨシ●撮影 photo by Sueishi Naoyoshi

女子ツアー注目の「プラチナ世代」に迫る(6)
安田祐香インタビュー(後編)

プロデビューを果たした2020年、安田祐香は自らが思い描いていたプレーができなかった。一方で、同じ『ミレニアム(プラチナ)世代』の古江彩佳、西村優菜らはツアー優勝を飾って、華々しい活躍を見せた。その姿を、彼女はどう見ていたのだろうか――。

――プロ1年目となる昨年、ご自身の中ではどう総括されていますか。

「自分にとっては、苦しい1年でした。成績に満足はしていないです。調子が上がってきたと思った時にケガで1カ月、試合に出場できないこともあって......。試練だったのかな......。同じ時期に同級生ががんばっていたので、励みなりましたが、その一方で『置いていかれちゃうなあ』という気持ちも芽生えた」

――滝川第二高校の同級生である古江彩佳選手が3勝を挙げ、やはり同じナショナルチームのメンバーだった西村優菜選手もツアー初勝利を飾りました。そういった同世代の快挙が焦りにつながりましたか。

「焦ったつもりはなくても、焦っていたのかなぁ......。『自分もがんばらないと』と思ったことが、自分にプレッシャーをかけていたのかもしれないです。彼女たちとは、高校やナショナルチームで一緒に、個人というよりはチームとして戦っていた。プロになると、個人の戦い、一人ひとりの戦いになる。それを改めて感じました」

――『ミレニアム世代』『プラチナ世代』といった形で、ひとくくりに注目されることに関しては、どう受け止めていますか。

「アマチュア時代に成績がよかったことで、注目を浴びるのは素直にうれしいことです。うれしいんですけど、(自分は)『期待に応えたい』という気持ちが強くなりすぎて......。でもきっと、自分にもチャンスが来ると信じています」