2021.03.03

安田祐香の決意。「線が細くてもプロで戦っていける」ことを証明する

  • 柳川悠二●取材・文 text by Yanagawa Yuji
  • スエイシナオヨシ●撮影 photo by Sueishi Naoyoshi

女子ツアー注目の「プラチナ世代」に迫る(5)
安田祐香インタビュー(前編)

昨年から続く女子ツアーの2020-2021シーズンは、3月4日開幕のダイキンオーキッドレディスからリスタートとなる。『ミレニアム(プラチナ)世代』の顔として注目を集めた安田祐香は、プロデビューを果たした昨年を「苦しい1年でした」と振り返ったが、20歳になって迎える2021年での巻き返しを誓った――。

――充実したオフを過ごせたのか、身体が大きくなったような気がします。

「それは、会う人、会う人に、よく言われますね。うれしいです」

――オフの間には東京に来られることもあるようですね。

「はい。整骨院での身体のメンテナンスが目的です」

――オフシーズンには、暖かい場所で合宿を行なう選手も多いですが、安田選手は地元で調整を続けています。

「基本的には地元のゴルフ場で練習して、トレーニングを週に1、2回、こなしています。ジュニアの頃からの友人や、プロを目指している若い子たちと一緒に練習することもあれば、ひとりで黙々と練習する日もあります。坂田(雅樹)コーチに来てもらった時は、一緒にラウンドしたりしていますね」

――オフは日々、かなりの練習量をこなしてきたのでしょうか。

「オフだからといって無理に追い込んでトレーニングや練習をすることはなく、普段と変わらず、自分の体調をしっかりと把握しながら、やる時はしっかりやって、休む時はしっかり休む。ただ、ひとりでコースに出たら、3人分ぐらいプレーしていると思います」

――飛距離に関してはドライバーでこれぐらいとか、具体的な目標の数値があるのですか。

「トータルの距離を伸ばしたいんですけど、まずはキャリーの数値を高めていきたい。試合になると(ドライバーのキャリーは)だいたい220ヤードぐらいなんですけど、コースが長くなってきている今のツアーでは、バンカー越えのコースなどを想定した時、やっぱりあと5ヤードぐらいはキャリーを伸ばしたいと思っています」