2021.03.02

吉田優利が語るプラチナ世代。「この世代に生まれて恵まれている」

  • 柳川悠二●取材・文 text by Yanagawa Yuji
  • photo by Getty Images

女子ツアー注目の「プラチナ世代」に迫る(4)
吉田優利インタビュー(後編)

吉田優利は日本女子ツアーで躍動する「ミレニアム(プラチナ)世代」の有望株のひとりだ。プロデビューを果たした昨年は思うような結果を残せなかったものの、オフに課題克服に取り組んで臨む今年は大いなる飛躍が期待される――。

――昨年出場した12試合の中で、印象に残っているトーナメントはありますか。

「ふたつ、ありますね。ひとつは(国内)プロデビュー戦のアース・モンダミンカップ。天候が悪いなかスタートして、予選通過できましたから」

――予選ラウンドでは、同世代の安田祐香選手と同じ組でのラウンドでした。

「一緒に回っていて、すっごく楽しかった。デビュー戦というのは、生涯で一度きりで、その試合を祐香と回れたのは思い出深いです。

 もうひとつは(スコアの過少申告で)失格となってしまったTOTOジャパンクラシックの翌週に開催された伊藤園レディスです。前週のことを引きずらずにしっかり予選を通過できた。自分の中で、転機となった、いい流れに向かうきっかけになった大会だと思います」

――失格になってしまった件はショックが大きかったのではないですか。

「やってしまったことは仕方ない。アテストが終わってから、スコアボードを見て間違いに気づいた。もし気づかずにいたら、そのまま3日間プレーしていたかもしれない。自分で気づけてよかったし、二度とやらないように注意すればいい。これも勉強だと、落ち込むことはなかったです」