2020.12.02

渋野日向子にとって試練の2020年。過去に「戻りたい感情が芽生えた」

  • 柳川悠二●取材・文 text by Yanagawa Yuji
  • photo by Getty Images

 渋野日向子にとって、2020年は試練の一年だった。

 コロナ禍により、3カ月遅れで迎えた国内開幕戦は予選落ちに終わり、およそ2カ月にわたるイギリス・アメリカ遠征では、海岸沿いのリンクスコースの難しさを目の当たりにし、アメリカ特有のグリーンに苦心するなど、世界との壁を肌で実感した(最高順位は24位タイ)。

 今年の国内最終戦であるJLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップを終えた渋野は、全英女子オープンのほか、国内4勝を挙げた2019年よりも「価値ある一年でした」と笑顔で2020年を振り返った。

「2019年の絶好調のあと、(今年は)自分のゴルフに対しての考え方、やりにくさを感じながらやっていた。今までできたことができなくなってしまったことで、"(過去に)戻りたい"っていう感情が芽生えた。

 でもそこから、"また作り上げていく"という感情に変わった。それは、苦しんだから気づけたことだと思いますし、これを経験しないと前に進まない」

 とりわけパターに苦しみ、予選落ちが続いた時期は、心が折れそうになる瞬間は幾度もあった。

「メンタル的につらいですよね、予選通過できなかったり、自分のゴルフがうまくいかなかったりすると。でも、まだまだゴルフ人生は長いので、いろんな経験をして、また新しい自分のゴルフを見つけられたらいいなと思います」

今年の国内最終戦を3位タイで終えた渋野日向子今年の国内最終戦を3位タイで終えた渋野日向子