2020.11.21

西村優菜ら今季の顔が上位で火花。
百花繚乱の女子ツアーで誰が抜け出すか

  • 柳川悠二●取材・文 text by Yanagawa Yuji
  • photo by Getty Images

 昨年、渋野日向子の優勝に沸いた大王製紙エリエールレディス(愛媛・エリエールGC松山)の2020年大会は、予選ラウンド2日間を終えて、百花繚乱の今季を象徴する顔ぶれが上位に名を連ねた。

 通算7アンダーでトップに並び立ったのは、8月に2週連続優勝を遂げた新星にして、"女ウッズ"の異名がつけられた笹生優花と、樋口久子 三菱電機レディスでプロ初優勝を果たした西村優菜だ。両者はともに、初日を6アンダー、2日目を1アンダーで回った。

 笹生が振り返る。

「あと2日、楽しんで自分のゴルフができれば。自分にとって"楽しむ"とは、無事に、ケガなく、18ホールを回ること。急に(ラウンドを)やめるような事件がないようにしたい」

首位タイで決勝ラウンドへと駒を進めた西村優菜 一方、初優勝以降、好調を持続する西村だが、首位ターンにも鼻息は決して荒くなかった。

「今日はショットが乱れて、後半もチャンスが作れなかった。そういう状況でも、アンダーパーで回れたのはOKでしたし、決勝ラウンドをこの位置で迎えられたのはよかった。私はフェアウェーキープ率を気にしているんですけど、今週はフェアウェーキープができていない。あと2日間、しっかり調整してできたらいいな、と」