2020.09.15

渋野日向子らしさを随所に見せた。
浮き沈み激しい戦いの中で見えた光

  • text by Sportiva
  • 武川玲子●協力 cooperation by Takekawa Reiko

◆2020年、注目プレーヤーの「武器」>>

「前半はすごく耐えていた。それが、後半に入って6つも(スコアを)落とした。昨日(3日目)と11打も違う。プロゴルファーとして、1日でゴルフが変わってしまうのはよくない。4日間の締め方としては、最悪のゴルフだったかな、と......」

 海外女子メジャーのANAインスピレーション(9月10日~13日/カリフォルニア州)に出場した渋野日向子は、4日間通算2オーバー、51位タイという結果に終わった。日本ツアーのアース・モンダミンカップを含めて、今季4戦目。初の予選突破を果たしたものの、最終的に"シブコ・スマイル"は弾けることなく、自らのプレーに対する反省の弁を繰り返した。

ANAインスピレーションでは51位タイに終わった渋野日向子。photo by Getty Images ディフェンディングチャンピオンで迎えたAIG女子オープン(全英女子オープン)では、ほぼ見せ場なく、あえなく予選落ち。渋野らしいプレーが影を潜め、王者としての重圧に押し潰された感があった。しかし、このANAインスピレーションを迎えるにあたっては、「(全英女子オープンから)2週間経って、気持ちも楽になってきた」と吹っ切れた様子を見せ、反撃への期待が高まっていた。

 実際、インスタートの初日は、10番、11番と連続バーディーを奪って好発進。渋野の持ち味である思い切りのいいスイングが随所で見られ、4バーディー、2ボギーの2アンダーで回って、19位タイとまずまずのスタートを切った。

「最初のティーショットがどうなるかと思って、かなり緊張していました。そうしたら、真っ直ぐ飛んでくれて、(2打目も)バーディーチャンスについて、バーディーが取れた。(パットを含めて)3つとも自分がイメージしたショットが打てたのは久しぶり。その結果、今年一番のゴルフができました。出だしのバーディー、バーディーには本当にびっくり。そこから最後まで粘って、2アンダーで回れたことはすごくうれしい。