2020.06.24

祝ツアー開幕! 渋野日向子ら
今季期待のプレーヤーの「ここを見よ!」

  • 古屋雅章●構成 text by Furuya Masaaki
  • photo by Getty Images

2020年女子ツアー
注目プレーヤーたちの「見せ場」(前編)

後編はこちら>>

新型コロナウイルスの感染拡大の影響によって、今季は開幕からトーナメントの中止が続いている国内女子ツアー。しかし今回、アース・モンダミンカップ(6月25日~28日/千葉県)が開催されることになった。その一戦を前にして、今季活躍が期待される注目選手10名のよさ、強さ、プレーの見どころなどについて、森口祐子プロに解説してもらった――。


渋野日向子(21歳)
しぶの・ひなこ/1998年11月15日生まれ。岡山県出身。
2019年シーズンの戦績:31試合出場。優勝4回。トップ10入り15回。
賞金ランキング2位(獲得賞金1億5261万4314円)

 すべてのポテンシャルが高い選手ですが、とくに昨季は、ご両親から受け継いだ高い身体能力を存分に発揮。全英女子オープンで優勝したあとに起こったフィーバーさえ乗り切る、強い体とタフなメンタルを備えていることも証明しました。

 これは、彼女が持つ”明るさ”という資質があればこそであって、それが今後も、彼女の強さと人気を支えていくはずです。

 このオフは、青木翔コーチとともに「広めのスタンスを狭め、再現性を高める」スイング改造に着手したと聞いていますが、彼女は進化の最中でありますし、今後世界の舞台を見据えた場合、今それにトライすることは、賢明な判断だと思います。

 昨季は賞金ランク2位。今シーズンは、その上を目指す気持ちが強かったと思いますから、開幕延期で出鼻を挫かれてしまったかもしれません。でも、逆にそれが、スイング改造につながったのかもしれないですし、新たなトレーナーもつけて、フィジカル面でもしっかりと準備する時間が持てたことは、よかったのかなと思います。

 全英女子オープンで優勝しても、達成感や満足感みたいなものは見せていません。そこがまた、彼女の力でもあり、魅力でもあると思いますね。

 賞金女王争いにおいては、昨季に引き続き、有力候補のひとりになることは間違いないでしょう。