2020.06.24

女子ツアー開幕目前!
活躍が期待されるトップ選手たちの「強み」

  • 古屋雅章●構成 text by Furuya Masaaki
  • photo by Getty Images

2020年女子ツアー
注目プレーヤーたちの「見せ場」(後編)

前編はこちら>>

今季女子ツアーがついに開幕する。その初戦を飾るアース・モンダミンカップ(6月25日~28日/千葉県)開催を前にして、今季活躍が期待される注目10選手について、森口祐子プロが解説してもらった――。

鈴木 愛(26歳)
すずき・あい/1994年5月9日生まれ。徳島県出身。
2019年シーズンの戦績:25試合出場。優勝7回。トップ10入り15回。
賞金ランキング1位(獲得賞金1億6018万9665円)

 普段の練習量はツアー随一。このオフも、アスリートフードマイスターの資格取得の勉強をするなど、ゴルフに対する取り組み方がすばらしい。

 注目すべきは、なんと言っても強気のパッティング。それを支えているのが”粘れる足首”です。彼女はパッティングの時、足首の柔軟性によって、地面をピタッと捕まえているので、ストロークがブレず、しっかりと芯で球を捉えることができます。そのため、球足が伸びるパットが打てる――これが、彼女の生命線であると思います。

 課題があるとしたら、昨季もシーズン途中に悩まされたケガ。ストイックさから、自分を過度に追い込みがちなところが心配です。

 このオフには、左右の揺さぶりを抑えたスイングへの改造に取り組み、ショットの安定化を図っていると聞いています。この改造がうまくいけば、ここ数年、ややフラット気味だった(スイングの)軌道が、気持ち上から入ることで、ラウンド中の、より多くの状況への対応が可能に。その分、プレーの安定感は一段と増すことでしょう。

 今シーズンも、間違いなく賞金女王レースの一角を担う存在だと思います。