2020.06.25

渋野日向子、開幕へ弾ける笑顔
「プレー中の言葉には気をつけなきゃ」

  • 柳川悠二●文 text by Yanagawa Yuji
  • photo by Getty Images/JLPGA提供

 ゴルフファンにとって、誰より女子プロゴルファーにとって、待ち焦がれた国内女子ツアーが、約3カ月半遅れ(16大会連続中止)で開幕する。無観客ながら、アース・モンダミンカップ(6月25日~28日)/千葉・カメリアヒルズCC)が開催される。

 大会を前にして、渋野日向子はオンラインの記者会見で笑顔を弾けさせた。

「月曜日に行なったトレーニングで筋肉痛があること以外は、コンディションに何も(問題は)ない。元気いっぱいです!」

「元気いっぱい」という渋野日向子 師事する青木翔コーチは、自粛期間中、渋野がギアを上げすぎないように気を遣い、追い込んだ練習を避けていたという。新シーズンは、来年末までおよそ1年半続く。来夏には、近い将来の最も大きな目標である東京五輪もある。シーズンが開幕していない段階で力が入りすぎては、とても来年末まで、体力も、気力も、もたないという判断から、練習の密度をセーブしたのだった。

「(昨年末のオフから自粛期間にかけては)なるべく地元でしっかり練習して、課題としていたアプローチを重点的にやってきました。58度やピッチングウエッジ、9番アイアンで転がすアプローチもちょこちょこと。その成果を試合で試せたら、今後の米ツアーだったり、日本ツアーだったりで、レベルの高いゴルフができるんじゃないかと思う」