2020.09.14

日向娘・永峰咲希が女子プロ制覇。
支え続けた両親へ感謝の言葉があふれ出た

  • 柳川悠二●取材・文 text by Yanagawa Yuji
  • photo by Getty Images

◆「黄金世代」臼井麗香が語る、国内ツアーの熾烈さ>>

 生まれ育った宮崎の陽光のように、いつも明るい笑顔を周囲に振りまいて、場をほんわかとした空気にさせる"日向娘(ひなむすめ)"が、永峰咲希だ。

 国内メジャーとなる日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯(9月10日~13日/岡山県・JFE瀬戸内海ゴルフ倶楽部)で、2018年のフジサンケイレディスクラシック以来となる自身2度目のツアー優勝を飾った。表彰式のスピーチでは公式戦覇者としての責任を口にした。

「この大会の優勝者として、恥じないプレーを続けていきたい」

国内メジャーの日本女子プロ選手権を制した永峰咲希 最終日を通算9アンダーの4位タイでスタートした永峰は、8番で首位を走っていたペ・ヒギョンに追いつくと、10番、11番と連続バーディーを奪って後続に3打差をつけた。その後、12番と16番で3パットのボギーを叩くも、2位に1打差(通算12アンダー)で逃げ切った。

「初優勝の時は、風もなく、天候が穏やかで、(フジサンケイレディスの舞台となる川奈ホテルGC富士コースの)高麗グリーンは、しっかり打てれば入る感じだった。リンクスコースの今回は、風も強いし、グリーンではタッチとストロークを合わせていかないと入らない。(この2年間の)パッティングの上達を感じました。

(ボギーの2ホールは)どちらもカップをオーバーして、返しのパットを外してしまった。ショートしたわけじゃないので、前向きに捉えていました。2年前の初優勝の時も、18番で3パットして、プレーオフになった。(後半に入ってからは)あの時のことを思い出しながら、落ち着いてプレーすることができました」