2020.08.13

黄金世代の臼井麗香が語る本音
「置いて行かれた!って思っています」

  • 水野光博●取材・構成 text by Mizuno Mitsuhiro
  • 佐野隆●写真 photo by Sano Takashi

「黄金世代」臼井麗香インタビュー(前編)
プライベートを語った後編はこちら>>

新型コロナウイルスの感染拡大の影響でトーナメントの開催中止が続いていた日本女子ツアーだったが、ついに6月、今季開幕戦としてアース・モンダミンカップ(6月25日~28日/千葉県)が開催された。待ちに待ったトーナメントとあって、日本のトッププレーヤーが集結。4日間、白熱した戦いが繰り広げられた。

その熾烈な戦いにおいて、話題を集める「黄金世代」のひとり、"レイチェル"こと臼井麗香も奮闘。初日から上位争いを演じた。最終日にスコアを落として、最終的には23位タイという結果に終わったが、そのプレーぶりから今季の躍進を予感させた。そんな彼女に、今後のシーズンに向けての意気込みを聞いた――。

NEC軽井沢72ゴルフトーナメントの活躍が期待される臼井麗香プロ――まずはアース・モンダミンカップにおける自身のプレー、結果について、振り返っていただけますでしょうか。

「3日目まではトップ10をキープしていたので、23位タイという結果は、すごく悔しいです。ただ一方で、オフにスイング改造をして『本当にこれで大丈夫なのかな?』という不安を抱えていて、右手首を痛めている状態で臨んだ試合でもあったので、この結果には少し驚いています。満足はできませんが、(状態が悪いなかで)思っていたよりも成績が残せたことで、次の試合に向けて、すごくやる気が出ました」

――初のツアーフル参戦を果たした昨季、賞金ランキングは59位。シード権獲得にはわずかに及びませんでした。その分、今季にかける思いが強いのではありませんか。

「そうですね。昨季は『もし、あの一打を決めていたら......』と思うシーンがたくさんありました。あの悔しさを忘れないで、今季の試合に臨んでいきたいです」

――初めて1シーズンを通して戦ってみて、いかがでしたか。

「すべてが新鮮で、『プロゴルファーって、こんなに大変なんだ!?』と、改めて痛感させられたシーズンでした」

――「大変だ」と最も感じたのは、どういった点ですか。

「体力面です。昨季は、シーズンが始まった時点では、私のQTランクだとすべての試合に出られない状況で、(自らも)すべての試合に出られるとは思っていなかったので、1シーズンを戦い抜く準備が、心身ともにできていなかったなと思っています。

 連戦が続くと、2日目が終わった時点で、全日程が終わったくらいの疲労感を感じました。当初の予定では、毎週月曜日をトレーニングに当てるつもりだったんですが、疲労回復に努めるのが精一杯で、トレーニングがほとんどできませんでした。

 特に8、9月の暑い時期は、疲労から食事も満足に摂れず、体重が5kgも落ちてしまって......。普通の女子ならうれしいのかもしれませんが、プロゴルファーにとっては(体重減によって)飛距離をロスしてしまうので致命的です。本当に気持ちだけで1年間を乗り切ったって感じでしたね」

――それでも、7月のセンチュリー21レディスでの4位タイをはじめ、トップ10入りが3回あるなど、何度か優勝争いにも絡んでいました。優勝までの"距離"というのは、見えていましたか。

「何度か優勝争いができたので、その成績だけを見ると、ツアー初優勝も近いように見えたかもしれませんが、実際にプレーしている自分としては、『(優勝には)すごく遠いな』と感じていました。ショットはまだしも、上位選手とはパットの精度で、まだまだ差がありました。

 ただ今年は、昨年とは気持ちも、経験も違います。優勝ということに、よりこだわっていきたいなと思います」