2020.07.01

今年も「黄金世代」が大暴れの予感。
田中瑞希が刺激になったふたりの存在

  • 柳川悠二●文 text by Yanagawa Yuji
  • photo by Getty Images/JLPGA提供

 鈴木愛とのプレーオフの末、渡邉彩香の劇的な復活優勝で幕を閉じたアース・モンダミンカップ(6月25日~29日/千葉・カメリアヒルズCC)には、もうひとり、ヒロインがいた。

 畑岡奈紗や渋野日向子らと同じ、1998年度生まれとなる「黄金世代」の田中瑞希だ。ツアーには昨季から参戦していたものの、プロテストには昨年3度目の挑戦でようやく合格し、およそ4カ月遅れとなったこの今季開幕戦を迎えた21歳だ。

今季開幕戦を大いに盛り上げた田中瑞希 通算9アンダーで首位に立ったのは2日目。そこから最終日のバックナインまではトップに立ち続けた。

「自分はあんまり、たくさんのギャラリーに見られることでがんばるタイプじゃないから、こっち(無観客)のほうが自分のゴルフが落ち着いてできている感がありますね。歓声は励みになると思いますが、大勢のギャラリーの前でプレーした経験がそこまでないから、萎縮しちゃいそうです」

 ゴルフは8歳から始めた。熊本国府高校1年生だった2014年、熊本で開催されたKKT杯バンテリンレディスを同い年である、当時アマチュアの勝みなみが15歳で制した。この大会で田中は、ボランティアとして運営を支えていた。

「早く自分も(プロの)レギュラーツアーで優勝したいな。そう思いました」