2020.07.02

【木村和久連載】ゴルフ業界の盛況には
アマチュアのがんばりが不可欠

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

専門誌では読めない雑学コラム
木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第262回

 プロのトーナメントが始まり、ホッと胸をなで下ろしております。そのまま毎週開催とはなりませんが、時々試合を見ることができれば、励みになるし、ゴルフ業界全体が盛り上がって、いいムードになります。ぜひとも、トーナメントが定期的に開催される日が早く来てほしいと思う、今日この頃です。

 さて、本題に移ります。今回は、プロががんばり始めたので、アマチュアもがんばらなきゃ、というお話をしたいと思います。 

 では、プロとアマの単純な比較をしてみます。

 ゴルフ業界において、プロとアマチュア、どちらの売り上げが大きいでしょうか?

 プロは、トーナメントの売り上げ、テレビの放映権料、広告料、契約金などを含みます。片や、アマチュアは、約600万人いるゴルファーのラウンド代、練習代、ゴルフ用品の売り上げなどです。

 これは、迷うことなく、アマチュアです。バブルの頃と比べると半分ぐらいになったとはいえ、まだおよそ600万人もの人が定期的にラウンドしている――その経済活動のほうが、断然大きいです。

 つまり、ゴルフ業界全体を盛り上げるなら、プロの試合も重要だけど、我々アマチュアゴルファーの日頃のラウンドが大事、と言いたいのです。何事も「小さなことからコツコツと」と、西川きよし師匠も言っているではないですか。

『レジャー白書』によると、ゴルフ業界の市場規模はざっと1兆3500億円(2015年)。内訳は、用具販売が3390億円、打ちっぱなしが1350億円。そして、ゴルフ場の売り上げが8780億円となっています。以降、今年は別にして、その市場規模はほぼ横ばい状態になっているようです。

 やはりみなさん、ゴルフ場でお金を落とすんですね。