2020.05.21

【木村和久連載】「コロナ騒動」による、
最近のゴルフ事情と今後…

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

専門誌では読めない雑学コラム
木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第256回

 日本における新型コロナウイルスの感染拡大問題は、大パニックには至っていないようです。とはいえ、緊急事態宣言は延長されており、引き続き細心の注意を払って行動したいと思います。

 そんな"コロナ騒動"のなかでのゴルフ。これが、非常にナーバスな扱いになっております。ゴルフは「3密」ではないので、「プレーしても大丈夫」と言われていますが、現状ではやりづらいです。

 国家的な危機において、そもそも金持ちの遊びの象徴とも言える「ゴルフをやるのがけしからん」となっています。ほとんどパチンコと一緒の扱いです。

 そうした状況のなか、ゴルフ愛好者はどのような対応を迫られているのか。その辺りについて、考えてみたいと思います。

(1)流れが変わった俳優の感染ニュース
 4月中旬ぐらいだったでしょうか。かつてのトレンディ俳優が沖縄でゴルフをして新型コロナウイルスに感染した、というニュースが報じられました。以降、ゴルフに対する見方が変わりました。

 何が問題かというと、外出自粛要請のなか、沖縄に行ったこともそうですが、仕事のついでにゴルフをやったことです。仕事で現地に行ったわけですが、余った時間にゴルフをやった――それが、「けしからん」というのです。

 とにかく、そこからはその俳優にバッシングの嵐が......。彼がコロナに感染したのは、4月上旬に北関東のゴルフ場でラウンドしたあとの会食と言われています。ゴルフ自体は直接関係ありません。