2020.05.28

【木村和久連載】コロナ終息後のゴルフ。
女子をどうエスコートするか

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

専門誌では読めない雑学コラム
木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第257回

“コロナパニック”による自粛要請も、各地域、各方面で次第に緩和の動きが出つつあります。とはいえ、かつての日常が戻るまでにはまだまだ時間がかかりそうで、みんな、おっかなびっくりしながら行動しています。

 さまざまな業態において、「3密」状態にならないように気を配り、座席間隔を空けるなどして、慎ましい営業を強いられております。先日、1000円カット屋さんに2カ月ぶりに行って、髪を切ってきました。そこでは、通常8席あった待合席が、2席に減っていました。

 私が行った時はちょうど空いていたからよかったけど、もし混んでいたら、外で待つんでしょうね。雨の日とかだったら、しんどいだろうなぁ~。かえって、風邪をひいてしまうと思うんですけど……。

 そんな話をお店の人にしたら、「本部が決めたことなので、ウチは何も言えないんです。すみません……」と言われました。

 みなさん、いろいろと苦労&工夫をして、コロナ対策を講じているようです。

 そんなわけで、ゴルフ場もコロナ対策を万全に施して、恐る恐る営業をしています。

 クラブハウスも従来のように使えないケースが多く、ロッカールームをはじめ、お風呂や練習場、売店などが使用できなかったり、果ては靴の汚れを取るエアガンまで使用禁止になったりしているところもあります。

 そこまでして、ゴルフをやって楽しいのか?

 おそらく、それでもみなさん、結構ルンルンなんじゃないでしょうか。なにしろ、自宅での軟禁状態がずっと続いていましたからね。散歩に連れていってもらうペットみたいなもので、「わ~い、緑の芝がフカフカ! 外に出られてうれしい!!」なんて、はしゃいでいる人が多いと思います。