2020.01.23

【木村和久連載】アマチュアゴルファーの
年間スケジュールを考察する

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

専門誌では読めない雑学コラム
木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第239回

 このコラムが出ている頃は、寒い冬の真っ只中。ゴルフをするのも億劫になっているかと存じますが、みなさん、いかがお過ごしでしょうか?

 約20年前、私のメンバーライフ全盛の頃は、365日、ず~っとゴルフ漬けの毎日でした。ゆえに当時、すべてのスケジュールはゴルフが優先されます。倶楽部側から手帳をもらうと、自分の予定表に、まずは月例や理事長杯などのスケジュールを写し、それから仕事のスケジュールを入れる、といった案配でした。

 あれは、何だったのか? プロでさえ、オフシーズンがあるのに、下手なアマチュアにはオフシーズンがないって、笑えますよね。

 なにしろ、12月の20日過ぎのラストコール杯に出て、年明け早々、1月3日ぐらいには新年杯に出場しているんですから。どこが休みだっちゅうの。

 あれから、いろんなことがあり、私もずいぶんと大人になりました。ただ老化しただけ、という噂もありますが、ここで今一度、アマチュアのオフシーズン、年間スケジュールの在り方について、考えてみたいと思います。

(1)お金持ちの場合
 本当のお金持ちというのは、さほど仕事をしていません。そういう方々は、都心の真冬も関係なく、年末年始はおおよそハワイやオーストラリアのコンドミニアムで過ごしたり、「たまには沖縄もいいね。ハレクラニ(ハワイの超高級リゾートホテルが沖縄に進出)が出来たから、行ってみる?」なんてことを言ったりして、ゴルフ三昧です。

 もちろん、夏は涼しい北海道に行って、カニ三昧のうえにゴルフ三昧。さらには、軽井沢の高級老舗リゾートホテルに泊まってゴルフ三昧、といったところでしょう。

 結果、お金持ちの方々には、オフシーズンはありません。しかも、トップシーズンもない。気の向くままゴルフをして、生涯を終えるって感じですか。だって、道楽することが仕事なのですから。

 ということで、お金持ちの話はもういいでしょ。続けてもキリがないので、庶民の年間スケジュールを考察していきましょう。