2019.10.28

「悲しかった」渋野日向子の揺れる思い。
賞金女王奪取へカギは1つ

  • 杉山茂樹●取材・文 text by Sugiyama Shigeki
  • photo by Getty Images

 賞金総額2億円、優勝賞金3600万円をかけて争われる秋のビッグトーナメント、NOBUTA GROUP マスターズGCレディース(マスターズGC/兵庫県)。

 最終日は大混戦となった。3日目に「64」をマークし、2位と3打差の14アンダーで首位に立ったテレサ・ルーがこの日は一転、スコアを崩し、まさかの失速。稲見萌寧、イ・ボミ、柏原明日架、小祝さくらの4人に優勝のチャンスが巡ってきた。

 勝利をものにしたのは、この日、「66」で回った柏原。17番(パー3)でバーディーを奪って単独首位に立ち、混戦に決着をつけた。先月のミヤギテレビ杯ダンロップ女子での初勝利に続く、ツアー通算2勝目。初優勝より難しいとされる2勝目を、間を置かずに達成した。

パットが決まらず、スコアを伸ばせなかった渋野日向子 優勝スコアは、14アンダー。トップのスコアは3日目までと変わらなかった。6アンダー、9位タイで最終日を迎えた渋野日向子にも、結果的には上位に進出するチャンスはあったことになる。

 2番(パー4)で1m強のバーディーパットを決め、通算7アンダーとした渋野は、この日もショットが好調だった。その後も、3番、4番、5番、6番、7番と、バーディーチャンスと言えるシーンが立て続けに訪れていた。この前半の数ホールで1つ、2つ決まっていれば、波に乗った可能性はある。

「パッティングが全然決まらなかった」「残念です」「悲しかった」と、試合後の渋野は、言葉を絞り出すように述懐した。

 2つ目のバーディーを奪ったのは、8番のロングホール。今日イチの見せ場でもあった。

「3打目は残り80ヤード。56度(のウエッジ)で打ちました」と渋野。ピン奥、2〜3mに着弾すると、間髪入れずにギャラリーの歓声が沸いた。さらに、バックスピンがかかったボールは、ピンに向かっていい感じで転がっていく。1m、50cm、30cm……止まった場所は、カップ際10cmだった。

「スピンは計算していました。ピンの手前は傾斜が強かったので怖さはありましたけど、風がフォローだったので、思い切って突っ込んでいきました。もうちょっとでしたね。入ってくれればよかったのに」(渋野)